おはこんばんちわ!ウルーです!

オナクラ最強説を謳う自称天才変態すすきのマスターです。
マンゾクネットさんで先日行われた風俗座談会の第二弾記事がアップされたそうです。

私の発言はほぼありません笑
まあ第四回まであるそうなので次回以降でまた登場するかと思います。

 

 

さてオナクラについて最強だとガチで思ってる私ですが、
ではなんでこのオナクラが史上最強なのかをわかりやすく説明していきましょうか。

 

私の持論なのですが、

男性というのは射精のタイミングで人生が大きく変わる

と考えています。

 

人生における幸せって人によって価値観が違うので色々だと思います。
ただし、多くの人がやっぱりお金というものに重きを置いていることでしょう。

どんなに貧乏でも好きな人と一緒に居られるだけで幸せだ!
お金が全てではない!

という意見ももっともだと思います。

しかしながらきれいごとだけでは通用しないのも人生だというのは重々承知だと思われますし、大半の人がお金持ちになりたい!と願っていると思います。

 

お金がないよりはある方が絶対に良いですもんね笑

 

じゃあその稼いだお金って何に使うの?ってことですよね。

 

例えば会社の社長さんであったり、医者とか弁護士、政治家の先生、芸能人。
みんな何にお金を使っているのでしょう?

表向きには社会貢献であったり、寄付とかをしているかも知れませんが、ほとんど金持ちって私利私欲の為にお金を使っていますよね?
しかもその使い道の多くが

だと思います。

 

そりゃ自己投資とかもすると思いますよ?

でも自分へのご褒美というか、自分の欲を満たす為に大金を使います。
旅行に行ったり、趣味であったりもありますが、一番わかりやすいのは女なんです。

 

 

政治家や芸能人というのはどんなに収入や高い地位を持っていても女で身を滅ぼす良い例でもありますよね?

 

セクハラ事務次官なんて騒がれてた人がいましたが、他にもスキャンダルで失脚した人って過去にたくさんいましたよね?
どんだけ頭が良いのか知りませんが結局頭の中は射精することでいっぱいなのが現実なんですよ!

 

で、これは何も権力や地位を持っている人だけのお話でもないんです。

 

普通に会社員をしている人であったとしても、社内での不倫とかがバレて左遷されたりするのはよく聞く話しだし、下手すりゃ会社をクビになって、さらには奥さんとは離婚。莫大な慰謝料を一生をかけて払い続けるなんてことにもなり兼ねません。
もう人生オワタって感じですよね・・・

 

ちょっと大袈裟な話でもあるけど、女の子に免疫がない人だったり彼女いない歴=年齢みたいな人であっても性欲は普通にありますし、射精はしたい願望あるのは当然です。

でも、まともに女性と付き合うことができないような人はストーカーになってしまったり、下手すりゃもっとエスカレートして殺人事件に発展するなんてこともことも頻繁にニュースで流れてます。

仮に、彼女がいるようなリア充であったとしても、リベンジポルノという新しい言葉が流行するキッカケになった事件とかもあります。

 

 

まあ、ここまで大袈裟な話ではなかったとしても、普通に日常生活を送っていても影響はあります。

例えば女性を好きになることによって仕事が手に付かなくなる人もいるかも知れませんし、社内恋愛とかだともしもフラれたりしたら職場の空気が非常に気まずくなります。

 

そして、コスト面でも大きいと思われます。

私はよく女の単価について考えるのですが、一人の女性を口説いたりしてセックスをしたいと思った時にどのくらいの金額を投資しているのでしょうか?

婚活パーティーとかに行ったらそれだけで3000円とか4000円くらいかかります。
出会いアプリとか出会い系サイトだって登録に同じくらいかかります。

そっこからトントン拍子にいったと過程して、女性とデートするのに、
居酒屋で奢るとして10000円くらいは掛かります。

さらにめちゃくちゃ順調に口説けたとしてもホテル代で安いとこでも休憩で4000円くらいは掛かります。
最短に最速に一直線にいったとしても約20000円くらいはかかるんです。

でも現実にはそんなにうまくいくものでもないです。

2回3回とデートするなら3〜40000円くらいになります。
さらに、最初に狙った子がそのままゲットできるかというとそうでもないです。

婚活パーティーって100回以上参加してますが、めちゃくちゃ可愛い子が1人か2人くらいは参加しているもんです。
でも、そんな子を狙ったところで確率的に言って10回に3人くらい連絡先を聞ければ良い方だと思います。
イケメンとかなら話は別ですが普通の人であれば10連敗だってありえます。

クラスでも人気ナンバー1みたいな可愛い子をゲットするには10回くらい参加して3人くらい連絡先を聞けてデートをしたとして1人ゲットできればかなり御の字です。

とすると、トータルで掛かる費用は、

婚活パーティー参加費 3000円 × 10回 30000円
デート費用 居酒屋 10000円 × 3回 × 3人 90000円

 

ひとつの例ですが、婚活パーティーで人気ナンバー1になるような子をゲットするには最低でも120000円くらいが掛かります。
コレ以外にもかかる費用も加味すると13〜40000円くらいは掛かると思っておいた方が良いでしょう。

 

しかもこれで確実に付き合えたり、結婚できるとは限りません。

 

 

 

どうせ男なんて射精してしまえばその子のことなんてどうでもよくなる人が多いです。
どうでも良いとまではいかなくても、一回射精すれば賢者タイムになりますよね?

射精での快感なんて一瞬にことだし、大抵はオナニーで我慢できるのが人間です。

 

でも、オナニーだけじゃやっぱり性欲は満たせないし、ストレス発散のためにも可愛い子とお話したりおっぱいを見たりするのは重要です。

となると、130000円も掛けて時間も膨大につかって射精するよりも、同じくらいか下手すりゃもっと可愛い子のおっぱいが見れて射精をすることができるオナクラが6000円くらいって考えると、やばいくらいにコスパが良いと思いませんか??

 

この120000円くらいを毎回貯金していたら数年後には相当な資産になってます。

 

 

私の持論ですが、男の欲望というのがキリがないので、どんなに可愛い子と付き合ったりせっくすしたとしても、何回かやったり、数年間付き合ったりしたら絶対に飽きてしまいます。

美人は3日で飽きるなんて言葉もありますが、本当にその通りで、
実際に私の友達で、けっこう稼いでいてめちゃくちゃ美人な嫁さんをもらった人がいます。

しかし結婚して数年たって、30歳を超えたら、劣化が酷くもう抱く気がしないと言ってました。
1年以上はセックスレスになってて、しかも若い頃にチヤホヤしすぎたせいで、めちゃくちゃワガママな性格になってしまい、今では金の亡者となってしまったみたいです・・・

 

どんなに美人な嫁を捕まえても、それって本当に幸せなの??
と思わずにはいられません。

 

 

 

そして私の導き出した結論としては、

可愛い子はオナクラで安く仕入れて、本当に趣味が合ったり話が合ったり、料理が上手でデブスと結婚する!!

ということになります!!

 

以上、オナクラ最強説でした。